未分類

子供のころのムダ毛の処理

子供のころからムダ毛が薄いほうではなかったので、10代前半のお年頃になると、そのことを気にするようになりました。

当時は子供なので、サロンで脱毛してもらうことはできません(子供の立場でサロンに通うという発想はなかった)。

今ほどの情報もないし(インターネットがない時代なので)、お小遣いは少ないので脱毛のために使えるお金がありませんでした。

ガムテープみたいなものを貼ってバリっとはがすという脱毛法は知っていましたが、痛そうなのでとても試す気になれませんでした。

脱毛器がほしいと思いましたが、当時の子供のお小遣いではとても無理な買い物でした(今の脱毛器とくらべたら、とても性能が低いものですが・・)。

そんな子供だった私がやっていたムダ毛の処理とは、手足の脱毛は諦めて放置、わきの下の脱毛はピンセットで1本1本抜く、これだけです。普段はわきの下が見える服は着ないで、プールの前日に抜きます。

あのころはプールの時間が憂鬱でした。泳ぎが得意ではないからということよりも、ムダ毛の処理や体型が悩みのもとでした。今でもこういう子はいると思います。

ミュゼ 旭川